HOME製品一覧モバイル計量器 › ワイヤレスフォークスケール「フォースケ」

ワイヤレスフォークスケール「フォースケ」

ワイヤレスフォークスケール「フォースケ」

システム構築にも対応可能(オプション)

特長

  • フォークリフトに短時間で取り付け可能
  • 無線化(Bluetooth)によりケーブルレスを実現。
  • 計量・運搬作業の一体化で作業効率化
  • Bluetooth、WLAN出力を組み込みシステム構築にも対応可能(オプション)
  • 検定付き(取引・証明用はかり)も可能


有線タイプも対応可能
(※電源供給はフォークリフトからになります)

ワイヤレスフォークスケール「フォースケ」

仕様

秤量・目量
秤量 目量
未検品 検定品
2000kg 1kg 2kg
2500kg 1kg(0~2t) 複目量 2kg(0~2t) 複目量
2kg(2~2.5t) 5kg(2~2.5t)
3000kg 1kg(0~2t) 複目量 2kg(0~2t) 複目量
2kg(2~3t) 5kg(2~3t)
5000kg 2kg(0~2t) 複目量 5kg
5kg(2~5t)
ディスプレイ LCD、文字高18mm、調光可能バックライト
防水・防塵規格 IP65
電源供給 各フォーク:充電式バッテリーパック(専用アダプタ付)
指示計:単3電池4本
自動電源OFF機能付(”電源管理”メニューで設定変更可能)
機能 総重量/正味重量計測可能
風袋重量入力:自動/手動
電源設定変更可能
内部時計(日付、時刻)
自動電源OFF機能により長時間使用可能
200%の過負荷から保護
バッテリー残量低下時フォーク部LEDにて警告表示
オプション* フォークリフトバッテリーから指示計への電源供給(12V)
交換用バッテリーパック追加
BluetoothまたはWLAN出力(指示計用バッテリー増設要)

*オプションを付加すると関連する仕様を変更する場合があります

寸法

ワイヤレスフォークスケール「フォースケ」

(単位mm)

2500kg 3000kg 5000kg
A フォーク長 1150 1150 1150
B フォーク幅 133 153 173
C キャリッジ上の高さ 68 68 70
D キャリッジ高さ 407 508 508
E フォークドロップA/B 76/152 76/203 76/203
F キャリッジとストッププレートの幅 80 80 100
G フォーク先端厚さ 15 15 15
H フォーク根本幅 100 120 140
I バッテリーパック幅 55 55 55
J ストッププレート高さ 90 90 90
K フォーク高さ 58 58 73
L フォーク厚さ 59 59 74
フォーク一本あたりの重量 67[kg] 79[kg] 119[kg]

鎌長製衡なら「改正SOLAS条約」にも対応可能です!

コンテナ重量検査2016年7月から義務化

「海上人命安全条約」(SOLAS条約)は、従前より、国際海上輸出コンテナの総重量を船長に提出することを荷送人に義務付けていましたが、総重量の誤申告に起因するとみられるコンテナの荷崩れ等の事故が発生していることを踏まえ、コンテナ重量確定方法の明確化を内容とする改正が2016年7月1日より実施されます。
これにより荷送人は適切な計量器で計測したコンテナ重量情報を船長等に提供しなければなりません。

計量器専門メーカーの鎌長製衡では、改正SOLAS条約に対応可能な各種計量器を取り揃えておりますので、お客様の運用方法やご予算に応じた最適な製品をご提案が可能です。
改正SOLAS条約対応にお困りの際はお気軽にご相談下さい。

改正SOLAS条約対応は鎌長製衡におまかせ下さい!フォースケ・パレスケ・クレーンスケールCRS・台はかりWSLで対応!

詳しくはこちら

このページの先頭へ