HOME製品一覧トラックスケール › 国際海上輸出コンテナの総重量の確定方法の制度化対応可能計量器のご案内

国際海上輸出コンテナの総重量の確定方法の制度化(改正SOLAS条約関連)
対応可能計量器のご案内

コンテナ重量検査 2016年7月から義務化

報道等でご存じの方も多いと思いますが、「海上人命安全条約」(SOLAS条約)は、従前より、国際海上輸出コンテナの総重量を船長に提出することを荷送人に義務付けていましたが、総重量の誤申告に起因するとみられるコンテナの荷崩れ等の事故が発生していることを踏まえ、コンテナ重量の具体的な確定方法を定め、その正確性を期すことを趣旨とした改正が2016年7月1日より実施されます。

荷送人は次のいずれかの方法で確定したコンテナ重量情報を船長等に提供しなければなりません。

方法(1)コンテナ総重量を計測。方法(2)個々の貨物、梱包材等を計測し、それらと空のコンテナ重量の合計を算出(貨物+パレット等固定材+コンテナの自重の合計)。

使用できる計量器

  • 計量法に基づく特定計量器
  • 計量器の製造事業者若しくは修理事業者が点検・調整し又は計量器を管理する者が定期的に点検・調整したもので、器差が±5%以内のもの

鎌長製衡なら「改正SOLAS条約」にも対応可能です!

国土交通省のガイドラインには上記のように「重量の確定方法」や「使用できる計量器」等の情報が記載されておりますが、一般的に馴染みがなく、どのように運用してよいかお困りの声も聞かれます。
計量器専門メーカーの鎌長製衡では、改正SOLAS条約に対応可能な各種計量器を取り揃えておりますので、お客様の運用方法やご予算に応じた最適な製品をご提案が可能です。
また、配送リストをバーコードで管理するなど、イニシャルコストを抑えて導入できるシステム提案も可能です。改正SOLAS条約対応にお困りの際はお気軽にご相談下さい。

対応可能計量器

ワイヤレスフォークスケール「フォースケ」

ハンドパレットスケール「パレスケ」

クレーンスケールCRS

台はかりWSL

面倒な積み上げ方式の計量には、モバイル計量器を用いたバーコード管理システムで対応!

  • バーコードと計量データがリンク
  • 配送リストをバーコードで管理することで瞬時に累積重量を算出

導入事例

ヤードで積み荷を計量し、Bluetooth/Wifiでハンディターミナルモバイルバーコードプリンタへデータを送信、バーコードで積み荷と計量データを紐付けします。計量時、積み荷にバーコード2枚を貼り付け、出荷時に、バーコードの1枚を剥がしパッキングリストに貼り付け、事務所へ手渡しします。または、バーコードリーダーで読み取り、Wifiで事務所へデータ送信することも可能です。事務所でパッキングリストをバーコードリーダーで読み取ることで、瞬時に累積重量を算出します。

対応可能計量器

ワイヤレスフォークスケール「フォースケ」

ハンドパレットスケール「パレスケ2」

クレーンスケールCRS

台はかりWSL

このページの先頭へ