11月1日は「計量記念日」

2021年11月カレンダー

自家用車のエンジンをかけると、カーナビから「今日は○○の日です」と紹介してくれます。10月31日は「ガス記念日」でした。毎日のように聞いていますが、ひとつの記念日しか紹介されていません、たぶん。

では、「11月1日」のように多くの記念日が登録されている日は、いったい何が案内されるのか……?実は気になっていました。そう、犬の日、すしの日、紅茶の日、野沢菜の日、……全部11月1日なのです。

そして迎えた、11月1日の朝、車のエンジンをかけて流れたのは!

「今日は計量記念日です」

お~っ!パチパチパチ(拍手)

見事「計量記念日」が紹介されました。たくさんある記念日の中で、計量記念日が選ばれたとは!計量機器製造業である鎌長製衡㈱の一社員としては、喜ばしいことです。(神に誓って、小細工は何もしておりません。)

経済産業省では、社会全体の計量制度に対する理解の普及を図るために、昭和27年より「計量記念日」を定めています。3月25日 電気記念日、4月18日 発明記念日、6月28日 貿易記念日とともに経済産業省 四大記念日のひとつとなっております。ちなみに、11月1日には、「計量記念日全国大会」という式典も、開催されております。

「計量」とひと言で言っても、それに関わる人は幅広く、多岐に渡ります。弊社 鎌長製衡㈱の社員も皆 その中の一人です。

「はかる」ことが経済の下支えとなっているように、それに関わる人々もまた、決して華やかではないにせよ、経済活動を支えてくださっています。

計量記念日をひとつの区切りとし、常日頃、弊社がお世話になっている関係者の皆様に、改めて感謝申し上げたいと存じます。本当にありがとうございます。