聞き慣れないこと ~トラックスケールの等級? IP規格(防水・防塵規格)??~

トラックスケール

個人的に、聞き慣れないことは覚えるのが苦手です。特に、カタカナ。

私は「カタカナ」が苦手で、聞き取りも怪しいですし、文字の並びを見てもなかなか覚えられません。高校時代の世界史、地獄でした。今も、お電話をいただいた際に、会社名がカタカナの並びの企業様は、電話口で確認すると、よく間違っていて。。。確認の時にお詫びしています。本当に苦手です。

今回は、少し聞き慣れないことを、ご紹介します。

弊社は計量機器や産業用はかりのメーカーです。主力製品のトラックスケール、これは大型のトラックを積み荷ごと一緒に計量する大型のはかりです。このような取引・証明用として使用することができるはかり「特定計量器」といいますが、特定計量器には、「等級」があります。「等級」、正確には「精度等級」といいます。

「精度等級」とは、誤差を指定された限界内で保つための計量要件に適合する計器の等級のことです。

精度等級は、「目量」(隣接する目盛標識のそれぞれが表す物象の状態の量の差)、「目量の数」(そのはかりで量れる最大の量【ひょう量】÷目量、で求められる数)によって、

現在の計量法では1級・2級・3級・4級の4つに区分されています。

ちなみに、弊社のトラックスケールの等級は「3級」です。

また、弊社のトラックスケールの荷重検出器として使用しているのが「デジタルロードセル」。計量精度・耐久性・メンテナンス性に優れております。

①高精度・高安定性 →デジタルならではの高精度・高安定性。長距離通信も可能。

②高耐久性 →防塵・防水等級【IP68】で、屋外の厳しい環境条件でもご使用いただけます。雷による影響も最小限に抑えられます。

③メンテナンス性 →異常が素早く判断でき、万一のトラブル時にも安心。

ちなみに、防塵・防水等級【IP68】とは?

IP規格は「International Protection」という機器の保護性能を表すための国際標準を指します。人体・固形物体に対する保護(0~6等級)と、水の侵入に対する保護(0~8等級)をそれぞれ数字で表しています。

デジタルロードセルの場合、防塵級6級で、防水等級8級であり、「完全な防塵構造で水面下での使用が可能」である状態となります。いずれの等級も防塵・防水において最もすぐれている等級になります。

以上、聞き慣れないですが、弊社のトラックスケールには深~く関係していることでした。