HOME製品一覧トラックスケール › 放射線測定器

放射線測定器

放射線測定器 KRM1000シリーズ

放射線測定器放射性物質の持ち込みを未然に防止!
トラックスケール入口に大型の放射線検出器を設置することで積み荷の中の放射性物質を検出できます。

放射線検出器 KRM1000-DP

  • 安全を確認して安心して計量できます。大型のプラスチック・シンチレータを採用。
  • 積み荷(スクラップ・産業廃棄物・がれきなど)の受入時に放射性物質をモニタリング。

車輌の進入速度を監視できます。

  • 速度感知装置を標準搭載
  • 時速7kmで進入可能

ディスプレイユニット KRM1000-LD

ディスプレイユニット検出した放射線の数値をディスプレイユニットに表示。

  • 測定単位 Bq.Sv/h又はcps(counts per second)
  • 放射線警報レベルの設定も可能

豊富なオプション機能・機器

ローカルコントローラー KRM1000-LC

  • ローカルコントローラー測定データをグラフ表示。
  • 放射性物質の分布を視覚的に把握できます。
  • タッチパネル式で操作が簡単です。

画像データリンクシステム KRM1000-VMS

画像データリンクシステムさらに機能アップ!!

測定データとトラックの外観情報を併せて管理することができます。
※別途CCTV運動装置が必要となります。

警報機及びパトライト

警報機及びパトライト設定値以上の放射線が測定されるとお知らせします。

システム構成図

システム構成図

校正の必要性

放射線検出器に使用しているプラスチック・シンチレータ及び光電子倍増管は、経年劣化によりその感度が変化致します。校正をせずに長年にわたり安心してお使いいただくことはできません。鎌長製衡では常にベストな状態で正確な測定能力を維持するために、四国計測工業の協力により国内初となる第三者校正を実施しています。

携帯型放射線測定器サーベイメータ KSM-100

さらにサーベイメータで詳細をチェック!!

  • α線、β線、γ線、X線の測定が可能
  • 測定範囲は0.1µSv/h~700µSv/h
  • 低線量及び高線量に対応。高精度の測定を実現
  • バックライト機能、ホールド機能付

放射線測定器で放射線を検出→運送物資中の放射性物質の場所を確認

携帯型放射線測定器サーベイメータ KSM-100の主な仕様

検出器 GM管・半導体(デュアルセンサー)
測定可能放射線 α線、β線、γ線、X線
線量率範囲 0.1µSv/h~700µSv/h
(0.01mrem/h~70mrem/h)
エネルギー感度 30keV~6MeV
バッテリー 1.5V単2アルカリ電池×2本(2,000時間)
使用環境 動作:-10℃~50℃
保管:-20℃~70℃
寸法 150mm×90mm×40mm
重量 420g(バッテリー含む)

このページの先頭へ