HOME会社概要 › 鎌長のストーリー

鎌長のストーリー

黎明期 1880年の創業から終戦まで

はかりは重さを計るものであり、重さの基準となる分銅なしにははかりは作れない。鎌長の歴史は分銅から始まった。

1880年(明治13年)に創業者の鎌田長八郎(初代)が香川県で鋳物作りを始める。その初期から分銅作りを始め、大正、昭和初期と発展を続け、昭和に入り戦時体制が強まると、日本秤錘株式会社として日本中の分銅作りを独占するまでになった。その理由は、中を空洞にして分銅を鋳造し、後から鉛を空洞に入れることで素早く調整を行う方法を開発したことと、安い屑鉄から高品質な分銅を作り出す技術を開発したことで、安くて品質のよい製品を作り出したことにある。「技術の鎌長」というスピリットはその最初期から強烈であった。

黎明期 東久邇宮稔彦王殿下の行啓

東久邇宮稔彦王殿下の行啓

黎明期 鋳物工場

鋳物工場

このページの先頭へ

確立期 戦後から昭和40年代まで

革新的な製品とたゆまぬ営業努力が、鎌長を日本有数のはかりメーカに押し上げた。

1945年の高松空襲により工場の大半は消失したが、社員の努力と日本の復興に不可欠な分銅の高いニーズに支えられ、再建を遂げた。さらなる発展のため、鎌長製衡の前身である鎌長産業株式会社を設立しはかりの製造を始めた。分銅メーカとして培った技術による精確で安定したはかり製造技術と、はかりをかついで日本中を売り歩く営業マンの努力により鎌長ははかりメーカとしての地位を確立した。特に、トラックスケールにおいて計量精度の高い革新的な表示機構を発明することで、飛躍的な発展を遂げた。また、東京、大阪、名古屋、九州などの支店を次々と開設し拡大していった。さらに、技術力を生かして計量の困難な粉体を自動的に計量するホッパースケールや自動的に袋づめを行うパッカースケールを開発し、日本の工業の機械化を支えた。常に顧客のニーズを調査し、技術力で顧客の困難を解決する鎌長のスタイルがここに確立した。

確立期 トラックスケールの桿元印字装置

トラックスケールの桿元印字装置

確立期 トラックスケール組立風景

トラックスケール組立風景

このページの先頭へ

革新期 昭和50年代から現在まで

はかりの技術をベースに、「鎌長ならでは」の製品造りの追求を続ける。

マイコンを用いて使い易く高性能なトラックスケールの重量表示器を開発したことで、鎌長はトラックスケールメーカとしての地位を揺ぎないものにした。そして、世界一と言われる速度と精度を達成した自動包装機や、工場ラインを変えたと言われる連続自動供給装置の開発により、計量機器をリードする会社となった。一方、はかり以外の製品に多角化し、昭和40年代から早くも環境・リサイクル機器の開発に取り組み、リサイクル機器の拡大に伴い発展を遂げた。さらに、日本秤錘がバーベルなどのスポーツ機器を製造していたことから、ボーリング場やゴルフ場などのアミューズメントに展開した。しかし、急激な拡大とバブル経済の崩壊により、平成に入ってからは本業に回帰し、「安心・安全」をテーマに高い技術力で顧客の満足を追求した製品造りを続けている。

革新期 ダッキー10 真空脱気装置

ダッキー10 真空脱気装置

このページの先頭へ

沿革

昭和22年1月 鎌長産業(株)を設立
昭和32年1月 鎌長製衡(株)に社名変更、工場を現在地に移転
昭和35年 東京事務所開設
昭和36年 東京事務所を東京支店に昇格、名古屋事務所開設
昭和37年 大阪支店開設
昭和39年 本社を現在地に移転、九州支店開設
昭和42年 トラックスケール組立工場増設
昭和43年 ホッパースケール組立工場増設
昭和44年 ホッパースケール組立工場増設
昭和45年 パッカースケール組立工場増設
昭和49年 建設業認可される
昭和50年 不燃ゴミ資源化・減容化設備製作
昭和59年10月 資本金2億円に増資
昭和59年12月 資本金2億5千万円に増資
昭和60年2月 資本金3億円に増資
昭和63年3月 名古屋事務所を支店に昇格
昭和63年4月 計装工場新設
平成元年10月 計装室増設
平成6年10月 特定計量器型式承認許可(2t以下)
平成7年8月 ロードセル性能試験装置完成
平成7年10月 特定計量器型式承認許可(2t超)
平成9年 リサイクル法制定に伴い、PETボトル減容機(PBシリーズ)及びその他プラスチック圧縮梱包機(PLシリーズ)の製作開始
平成10年6月 ISO9002認証
平成10年8月 PETボトル圧縮減容機(PBシリーズ)組立工場増設
平成12年4月 その他プラスチック圧縮梱包機(PLシリーズ)組立工場増設
平成13年10月 デジタルロードセル式トラックスケール完成、発売開始
平成14年9月 ISO9001認証
平成16年3月 指定製造事業者の認定
平成18年3月 ISO14001認証
平成20年5月 「JCSS分銅校正事業」登録
平成23年2月 「JCSSはかり校正事業」登録
平成23年10月 資本金8,000万円に減資

このページの先頭へ