沿革 | 会社情報 | 鎌長製衡株式会社

TEL

お問い合わせ

沿革

鎌長のあゆみ

黎明期1880年の創業から終戦まで

はかりは重さを計るものであり、重さの基準となる分銅なしにははかりは作れない。鎌長の歴史は分銅から始まった。

1880年(明治13年)に創業者の鎌田長八郎(初代)が香川県で鋳物作りを始める。その初期から分銅作りを始め、大正、昭和初期と発展を続け、昭和に入り戦時体制が強まると、日本秤錘株式会社として日本中の分銅作りを独占するまでになった。その理由は、中を空洞にして分銅を鋳造し、後から鉛を空洞に入れることで素早く調整を行う方法を開発したことと、安い屑鉄から高品質な分銅を作り出す技術を開発したことで、安くて品質のよい製品を作り出したことにある。「技術の鎌長」というスピリットはその最初期から強烈であった。

東久邇宮稔彦王殿下の行啓

東久邇宮稔彦王殿下の行啓

鋳物工場

鋳物工場

確立期戦後から昭和40年代まで

革新的な製品とたゆまぬ営業努力が、鎌長を日本有数のはかりメーカに押し上げた。

1945年の高松空襲により工場の大半は消失したが、社員の努力と日本の復興に不可欠な分銅の高いニーズに支えられ、再建を遂げた。さらなる発展のため、鎌長製衡の前身である鎌長産業株式会社を設立しはかりの製造を始めた。分銅メーカとして培った技術による精確で安定したはかり製造技術と、はかりをかついで日本中を売り歩く営業マンの努力により鎌長ははかりメーカとしての地位を確立した。特に、トラックスケールにおいて計量精度の高い革新的な表示機構を発明することで、飛躍的な発展を遂げた。また、東京、大阪、名古屋、九州などの支店を次々と開設し拡大していった。さらに、技術力を生かして計量の困難な粉体を自動的に計量するホッパースケールや自動的に袋づめを行うパッカースケールを開発し、日本の工業の機械化を支えた。常に顧客のニーズを調査し、技術力で顧客の困難を解決する鎌長のスタイルがここに確立した。

トラックスケールの桿元印字装置

トラックスケールの桿元印字装置

トラックスケール組立風景

トラックスケール組立風景

革新期昭和50年代から現在まで

はかりの技術をベースに、「鎌長ならでは」の製品造りの追求を続ける。

マイコンを用いて使い易く高性能なトラックスケールの重量表示器を開発したことで、鎌長はトラックスケールメーカとしての地位を揺ぎないものにした。そして、世界一と言われる速度と精度を達成した自動包装機や、工場ラインを変えたと言われる連続自動供給装置の開発により、計量機器をリードする会社となった。一方、はかり以外の製品に多角化し、昭和40年代から早くも環境・リサイクル機器の開発に取り組み、リサイクル機器の拡大に伴い発展を遂げた。さらに、日本秤錘がバーベルなどのスポーツ機器を製造していたことから、ボーリング場やゴルフ場などのアミューズメントに展開した。しかし、急激な拡大とバブル経済の崩壊により、平成に入ってからは本業に回帰し、「安心・安全」をテーマに高い技術力で顧客の満足を追求した製品造りを続けている。

ダッキー10 真空脱気装置

ダッキー10 真空脱気装置

沿革

1880
明治13年
創業
初代鎌田長八郎、香川郡栗林町大字上の村257番地にて鋳造業を創業。
1920
大正9年
分銅・おもりの製造開始
分銅・おもりの製作免許を受ける。画期的な調整方法と屑鉄からの分銅作りという技術革新に加え、日本全国に及ぶ営業努力により、分銅メーカーとして認められていく。
1936
昭和11年
東久邇宮稔彦殿下が当社工場を行啓
東久邇宮稔彦殿下、工場に行啓の栄を賜り、おもり製品お買い上げの栄誉に輝く。この当時既に高松の代表的な工場の一つとして認められるまでになった。
1947
昭和22年
鎌長産業株式会社設立
現在の鎌長製衡の前身となる鎌長産業株式会社を設立。
はかり製造開始
棒はかり製造免許を取得、はかりの製造を開始。
1955
昭和30年
トラックスケール生産開始
分銅メーカーの強みを生かして大型のはかりの製造を開始。
1957
昭和32年
鎌長製衡株式会社に社名変更、屋島工場を買収、増設
高松市牟礼町にて敷地6,000㎡を買収、第一期工事が完成、生産を開始。
1960
昭和35年
東京事務所開設
東京都中央区銀座に東京事務所を開設、これ以降全国に支店ができる。
1961
昭和36年

東京事務所を東京支店に昇格、名古屋事務所開設

1962
昭和37年

大阪支店開設

1964
昭和39年

本社を現在地に移転、九州支店開設

1965
昭和40年
BF型棹元印字秤量部生産開始
トラックスケールの歴史を変える画期的な使いやすさで、大ヒット商品となる。
ホッパースケール製造開始
ホッパースケールのテストプラントが完成、自動はかりの製造が始まる。後に、電気式パッカー「エレクロ」が大ヒットする。
1967
昭和42年
パッカースケール製造開始
後に、1時間2000袋を誇る世界最高速のパッカースケールPSL-2000を生み出す
1972
昭和47年
ハップ1型製造開始
後に、1時間500袋を誇るラウンド式全自動包装機HAP-500を生み出す。
不燃物処理プラント一式受注
まだ日本で環境に対する意識の低かった昭和40年代から、環境機器の製造を開始。
1974
昭和49年

建設業認可される

1977
昭和52年
ロードセル型指示計LP100製造開始
いち早くマイコン式指示計を開発、日本におけるロードセル式トラックスケールのさきがけとなる。
1980
昭和55年
ユニオートフィーダ開発
FAの現場で減算式定量供給装置が普及するきっかけとなる。
1983
昭和58年
ロードセル式トラックスケール検定開始
ロードセルの性能向上が認められて検定が付与され、普及が始まる。
1987
昭和62年
ケニア向けトラックスケール、ホッパースケール等納入
鎌長製品の高い性能と耐久性が認められ海外輸出が始まる。
1988
昭和63年

名古屋事務所を支店に昇格

1991
平成3年
μHBS製造開始
多種類の染料を高精度に配合できる画期的な自動化製品となる。
1995
平成7年
50tロードセル性能試験装置が完成
日本最大級のロードセル試験装置を導入し、高い精度での性能検証が可能となる。
1997
平成9年
容器リサイクル法によりリサイクルが義務付け
この前後より環境製品が大きく伸び、大型プラントの受注も始まる。
2002
平成14年
ISO9001認証取得
品質への高い意識と取り組みがISO9001認証となる。
2003
平成15年
デジタルセルのホッパースケール実用化
いち早くデジタルセルの有効性に着目し、商品化に成功。
2004
平成16年
指定製造事業者の指定を受ける
高い品質管理能力、技術力が評価され大型特定はかりの指定を受ける。
2005
平成17年
トラックスケール用指示計
「DI-1000」販売開始
軸重・輪重測定などデジタルセルならではの機能を組み込み、新分野を開拓。
2006
平成18年
ISO14001認証取得
環境負荷に対する企業の軽減努力の要求に応えるため、ISO14001の認証を取得。
2007
平成19年
工場増設、ロボット更新、トラックスケール増産体制整う
トラックスケール600台/年の生産体制がスタート。
2008
平成20年
タイ鎌長設立、韓国事業所開設
海外特にアジア地域の需要拡大のため、タイのバンコクにタイ鎌長を設立し、韓国のソウルに鎌長製衡㈱韓国駐在事業所を開設。
JCSS登録事業者認証
世界水準の高い校正技術が認められる。
2011
平成23年
三次元重心測定機能付きトラックスケールsatrs(サトルス)開発
コンテナ車輌の重心位置(左右、前後、高さ)を計測する技術を開発。
2013
平成25年
地域企業競争力強化推進事業認可(前期)
粉粒体のテスト場所整備及び搬送設備等を整備。
タイ駐在事務所開設
日本人駐在員2名、現地スタッフ2名で開設。
2014
平成26年
地域企業競争力強化推進事業認可(後期)
粉粒体計量機器を整備。
2015
平成27年
トラックスケール用指示計
「K-400D」販売開始
ユーザビリティの高いデザインを追求し、無人化計量にも対応。
2016
平成28年
ハンドパレットスケール型式承認取得
モバイル計量器という新たな分野を開拓し、物流業界を中心に高評価を得る。
2017
平成29年
フォークリフトスケール型式承認取得
無線式フォークリフトスケールでは国内初となる型式承認を取得。
2018
平成30年
バキュームコンパクター 開発・製造販売開始
煙のような超微粉の脱気も可能な脱気充填装置を販売。

CONTACT

弊社製品に関するご質問やお問い合わせ、
資料請求について、以下の方法をご利用ください。