HOME製品一覧連続計量システム › ユニオートフィーダ(UELシリーズ)

ユニオートフィーダ(UELシリーズ)

UELシリーズは、ロスインウェイト方式を採用した連続定量供給装置で、あらゆる性状の粉粒体に対応できるよう豊富な機種を用意しています。多品種、少量生産ラインでの歩留りの向上、品質の安定、作業性の向上等に是非ご活用ください。

特許登録
No.1829305
No.1632668
実用新案登録
No.1806281
No.1990516

標準機種一覧

コイルフィーダタイプ(CF)・スクリューフィーダタイプ(SF)

同一本体でコイル駆動・スクリュー駆動の選択が可能です。

コイルフィーダタイプ(CF)

コイル駆動により原料を切り出すタイプで、ペレット、粒体、フレーク、繊維等幅広い原料に適します。

型式 能力(l/h) ホッパー容量(l 使用モーター 電源
CF-32 200~10 40 400W AC200V
50/60Hz
CF-65 1,100~20 200
CF-80 2,400~110 400

※上記の他に大型のCF-100(能力=7,000~700l/h)、CF-125(能力=14,000~1,400l/h)も制作いたします。

スクリューフィーダタイプ(SF)

一軸のスクリューで原料を切り出すタイプで、粒体、フレーク等幅広い原料に適します。

型式 能力(l/h ) ホッパー容量(l 使用モーター 電源
SF-32 140~5 30 400W AC200V
50/60Hz
SF-65 1,500~45 300
SF-80 2,900~290 500 750W

コイルフィーダタイプ(CF)・スクリューフィーダタイプ(SF)

※下図はCF-32(SF-32)を示す。

コイルフィーダタイプ(CF)・スクリューフィーダタイプ(SF)
画像を拡大する

ツインスクリューフィーダタイプ(WF)

二軸スクリューの噛み合わせによるセルフクリーニング作用により付着性の強い原料でもスムーズな供給が可能。ペレット、粒体(各種)に適します。

型式 能力(l/h) ホッパー容量(l 使用モーター 電源
WF-15 50~0.5 5 100W AC200V
50/60Hz
WF-35 500~5 70 400W
WF-40 800~20 120
WF-50 2,000~50 400 750W

ツインスクリューフィーダタイプ(WF)

※下図はWF-15を示す。

ツインスクリューフィーダタイプ(WF)
画像を拡大する

ベルトフィーダタイプ(BF)

ベルト駆動で原料を切り出すタイプで、原料の見掛け比重の変化に応じてベルト速度を制御します。粒体、繊維状物、フレーク等幅広い原料に適します。

型式 能力(l/h) ホッパー容量(l 使用モーター 電源
BF-151 50~5 20 100W1/30 AC200V
50/60Hz
BF-201 150~15 60 400W1/30
BF-401 900~90 150 750W1/30

※下図はBF-201を示す。

ベルトフィーダタイプ(BF)

ベルトフィーダタイプ(BF)

バイブレートフィーダタイプ(VF)

微振動を利用して原料を切り出すタイプで、粒体、繊維状物、フレーク等幅広い原料に適します。

型式 能力(l/h) ホッパー容量(l 電源
VF-01A 10~2 3.5 AC200V
50/60Hz
VF-01B 25~5 10
VF-01C 50~10 30
VF-11A 100~20
VF-11B 200~40 80

※下図はVF-01Aを示す。

バイブレートフィーダタイプ(VF)

バイブレートフィーダタイプ(VF)

コントロールユニット【LC-5500】

フィーダの性能を100%引き出す新型の高性能ユニットです。各種表示は明るくて見やすいデジタル表示。また、設定は表示をみながらでき簡単で確実です。連続計量に必要なあらゆる情報をコンパクトなユニットに凝縮しました。制御盤は小型の壁掛けタイプを標準とします。

主仕様

  • 型式 LC-5500
  • アナログ部
    • ゼロ・スパン調整 フルオート調整
    • 精度(直線性) 0.01%/FS
    • A/D変換器 高速・高分解能レシオメトリック方式
  • 表示部
    • 重量表示 5桁(高輝度蛍光表示管)
    • 瞬間輸送量表示 5桁(高輝度蛍光表示管)
    • 設定値・警報表示 20文字×2行(キャラクタ表示管)
    • 状態表示 LED表示灯
  • 設定部
    • 設定器 キークリックブザー付メンブレンキー
    • 設定方法 ファンクションキー+テンキー
    • 設定値の記憶 E2-ROM(不輝発性)S-RAM(バッテリーバックアップ)
  • オプション CCLINKインターフェース

このページの先頭へ