フレコンパッカースケールって? | ブログ | 鎌長製衡株式会社

TEL

お問い合わせ

ブログ

フレコンパッカースケールって?

フレコンパッカースケール

「フレキシブルコンテナバッグ」。

この名前を聞いたことがある方は、今回の製品のご紹介や説明は不要かもしれません。

特長は、便利、軽量、折りたためる、丈夫な素材、使い捨て可。「フレコンバッグ」、「フレコン」とも呼ばれます。輸送・保管の効率化、低コスト化から、フレコンバッグは幅広く利用されています。

「フレキシブル(flexible)」とは・・・「融通のきくさま。柔軟性のあるさま。」という意味です。フレキシブルコンテナバッグは、粉末や粒状物の荷物を保管・運搬するための袋状の包材です。500kg、1tタイプの袋で、重量物を充填できる容積・強度のものが主流となっています。形状は角型や円筒型、使い捨てのものと、繰り返し使用できるものがあります。

通常は「パレット」と呼ばれる、輸送・物流用に使う「すのこ」状の台板の上に載せて使用される場合が多いものです。

 

そんなフレコンバッグ、フレキシブルコンテナバッグに粉粒体を袋詰めできる弊社の計量装置、それは「フレコンパッカースケール」です。

工場内の充填作業の合理化・省力化を図れるとともに、高精度の充填作業が可能となります。

主な動作は、以下のような流れになります。(一部オプション装置となるものがあります。)

空袋を搬入 → 袋を装着 → 袋をふくらませる → 計量充填 → 袋口を閉じる → 

→ 袋を取り外す → 実袋(内容物が充填されているフレコンバッグ)搬出 

 

フレコンパッカースケールは、大きく分けて、グロス計量方式とネット計量方式があります。

また、フレコンパッカースケールを安心・快適にご利用いただくために、下記のような付属装置や対策部品もございます。

・パレットマガジン(パレット供給が自動化され、フレコンバッグでの出荷作業が省力化できる)

・搬送コンベヤ(充填後、搬送コンベヤにてバッグを自動的に運搬することで、重量物搬送に伴う労力を軽減できる)

・昇降装置(フレコンバッグの装着や搬出の作業性が向上する)

・タッピング機構(粉体に衝撃を与えることで充填率を高めることができる)、

・バッグ膨らまし装置(内袋を膨らませることで均一に充填できる)

 

フレコンパッカースケールを導入することで、人の手による手作業と比べますと、作業効率アップ、コスト低減、品質向上、安全面・衛生面の改善が見込める等のメリットもたくさん。人手不足や、危険エリアでの作業が必要といったお悩みにも、課題解決のサポートができるかもしれません。

 

またまもなく4月、弊社は新年度を迎えます。新しい取り組みにもフレキシブルに対応して、変化を楽しむ一年になればと思います。

CONTACT

弊社製品に関するご質問やお問い合わせ、
資料請求について、以下の方法をご利用ください。