危険に備えるために ~トラックスケールの重量指示計「K―400D」~

先頃、こんな記事を見かけました。

≪大型トラック運転士の『注意喚起』に共感の声 「あるある」「本当にやめて」≫https://news.biglobe.ne.jp/trend/0811/grp_190811_0427809550.html

記事によると、2019年8月、ある大型トラックの運転士がSNSに投稿した「呼びかけ」が話題になっているようです。停車中に撮影した写真とともに注意喚起を投稿し、「車間距離割込み」に苦言を呈しています。

大型トラックは車体が大きく、荷物を乗せている場合も多いため、普通車以上に気を配って運転する。そのため、万が一のことを考えて車間距離を長くとっている。しかしながら、わざわざ開けた車間に、他の車が入ってくることがあるそうです。この投稿は1万回以上拡散され、多くの人からコメントが寄せられているとのことです。

さて、世の中の「危険に備える」場面はたくさんあります。

その中で、弊社からは、大型トラックやトレーラーの積み荷の荷崩れの危険に備え、そして安全に走行できるようなサポートをさせていただく機器。

弊社のトラックスケールの重量指示計「K―400D」をご提案いたします。

重量指示計「K-400D」

重量指示計「K―400D」は、トラックやトレーラーの車両総重量・積載量を計量できるだけでなく、軸重量・輪重量の計測によって、偏荷重もご確認いただけます。

タッチパネル式の指示計で、見やすく・使いやすいデザイン性と、集計等のデータ処理等にも対応できる高い機能性を備えています。しかも、専用設計と専用OSの採用により、長期間安心してお使いいただけます。

実際、弊社のトラックスケールには、高速道路や国道に過積載防止のために設置され、トラックや大型トレーラーの計量に用いられて活躍しているものもあります。

残念ながら、今回ご紹介した「車間距離割込み」のような危険な場面ではお役に立てませんが……。車は急に止まれない。ドライバーさん同士も、どうか「思いやり運転」でお願いいたします。

大型トラック・トレーラーに関しては、弊社のトラックスケールが、危険に備えるためにさまざまなカタチで、お役に立てるかと存じます。興味を持たれた方はぜひ一度お問合せください。