インフルエンザ予防接種(本社にて)

予防接種

11月に入りました。秋をゆっくり感じ、味わっていないうちに、早くも冬の足音が聞こえてきた気がします。体感できる秋の時間は短いですね。

さて、インフルエンザ予防接種、弊社本社では希望社員全員での集団接種になります。今シーズンは先日終了しました。

会社内でのインフルエンザの蔓延を防ぐ目的の下、福利厚生の一環で、費用は会社負担。多くの社員が集団接種を受けております。企業内で集団接種することで、ある程度 予防効果が期待できるようです。恩恵を受けられる社員のひとりとしては、本当にありがたい限りです。

弊社本社の場合は、産業医の先生が来社して、嵐のように次々と注射をしてくださいます。例年のことながら、本当にお世話になりまして、ありがとうございます。しかし、インフルエンザの注射は意外と痛いので、午後からは少しダメージを受けて、仕事に臨んでいます。私自身は、「赤ちゃんの頃から、あまり注射で泣かない子どもだった」と祖母や母が申しておりました。自分の子どももあまり注射では泣かずに今に至ります。単に、同伴者からの「泣くな~」という圧力が、遺伝的に強いだけかもしれません(苦笑)。

インフルエンザの対策といえば、地道なうがいと手洗い、十分な休養、マスクでウィルス予防でしょうか。

Withコロナの今シーズン、どうか健康で過ごせますように。

皆さん、どうぞお気を付けくださいませ。