展示会で出展予定だったのは……

節分

一月いぬる 二月逃げる 三月去る。あっという間に1ヶ月が終わりました。

明日、2月2日は「節分」。立春の前日にある「節分」が2月2日になるのは、

明治30年、1897年以来、実に124年ぶりの出来事だとか。

節分は食べ物も含めて、イベント化していますね。豆まきに、恵方巻、最近は節分スイーツも

たくさんありますね。

我が家も豆まきを一応やっています。豆だと片付けが面倒そうなので、我が家では豆菓子のプチサイズの小袋を、家族で投げ合っています。狭い空間の鬼ごっこのような感じでしょうか。皆さんも、レアな一日のおうち時間をお楽しみくださいね。

さて2月に、東京ビッグサイト青海展示棟で開催予定だった「INTERMEASURE 2021」ですが、緊急事態宣言の発令を受けまして、開催中止となりました。

弊社 鎌長製衡㈱も出展予定ではありましたが、今は健康と安全、そして感染拡大を防ぐ努力が大事です。またの機会にお会いできればと存じます。

今回出展予定だったのは、弊社の「モバイル計量器」です。

フォースケ
フォースケ

ご使用中のフォークリフトの爪を掛け変えるだけで計量機になる「ワイヤレスフォークスケール」(通称:フォースケ)、ハンドリフトに計量器が組み込まれた「ハンドパレットスケール」(通称:パレスケ)です。

パレスケ
パレスケ

改めてご紹介いたします。

弊社の「ワイヤレスフォークスケール」等 モバイル計量器は、省スペース・省エネルギーで「はかる」と「はこぶ」を一体化した計量機器です。倉庫・物流の現場においては、人員・コスト・労力の削減のお手伝いができるかもしれません。

今までの作業の中で、積み重なっていた「手間」が省けます。例えば、荷物を台はかりなどの場所まで運搬する手間や、はかりに荷物を載せ替える手間を省くことができます。それでいて、台はかりにも劣らない精度と堅牢性を誇ります。

そして、据え置き式となる台はかりと違って、使わない時は邪魔にならない場所にしまっておけるのもメリット。場所に限りのある工場や倉庫内のフロアスペースを、有効に活用できます。また、低消費電力なので長時間のご使用も可能です。

省エネルギーで、省スペース。現在抱えている倉庫や物流面の問題に対しても、解決の糸口になるかもしれません。今ある自社の機器を使ったり、またはあまり使い方を変えないで済む新たな機器を導入したりと、目線を変えていただくのも方法かもしれません。