HOME製品一覧分銅 › JCSS分銅校正・おもり校正

JCSS分銅校正・おもり校正

JCSS分銅校正・おもり校正

物の重さを計量する“はかり”の基準となるものは分銅です。そのため分銅には国家標準とのつながりが明確であることが求められます。
質量のトレーサビリティ確保に不可欠で、品質システムの構築にも最適な分銅・おもりのJCSS校正サービスをご提供いたします。

JCSS分銅校正サービスイメージ

  • 当社は分銅等を校正する技術能力やトレーサビリティが校正機関認定の国際規格であるISO/IEC17025の基準を満たしていることを、認定機関である独立行政法人製品評価技術基盤機構により認められ、JCSS標章付校正証明書が発行出来ます。
  • このJCSS標章付校正証明書はILAC(国際試験所認定協力機構)及びAPLAC(アジア太平洋試験所認定協力機構)のMRA(国際承認)に加盟しているIAJapanに認定された校正機関によって発行されています。この校正結果は国際的にも通用するものとなっており、この証明書付の分銅にて校正された計量器にて計量され輸出される製品のトレーサビリティ証明が有効となります。
  • ISO9001認証の要求事項7.6の監視機器及び測定機器の管理の「国際又は国家計量標準にトレース可能な計量標準」に対して、JCSS校正証明書が有効となります。

拡張不確かさ

分銅校正の拡張不確かさ(包含係数k=2)

(単位mg)

  F1クラス F2クラス M1クラス M2クラス
2000kg - - - 38,000
1000kg - - 15,000 50,000
500kg - - 7,300 25,000
200kg - - 1,500 10,000
100kg - - 1,100 5,000
50kg - - 550 2,500
20kg 41 100 300 1,000
10kg 16 50 160 500
5kg 7.8 25 80 250
2kg 3.5 10 30 100
1kg 2.0 5 16 50
500g 0.82 2.5 8 25
200g 0.38 1 3 10
100g 0.16 0.5 1.6 5
50g 0.11 0.3 1 3
20g 0.085 0.25 0.8 2.5
10g 0.066 0.2 0.6 2
5g 0.052 0.16 0.5 1.6
2g 0.041 0.12 0.4 1.2
1g 0.031 0.1 0.3 1
500mg 0.026 0.08 0.25 0.8
200mg 0.021 0.06 0.2 0.6
100mg 0.016 0.05 0.16 0.5
50mg 0.013 0.04 0.12 -
20mg 0.011 0.03 0.1 -
10mg 0.0083 0.025 0.08 -
5mg 0.0064 0.02 0.06 -
2mg 0.0064 0.02 0.06 -
1mg 0.0064 0.02 0.06 -

おもりの拡張不確かさ(包含係数k=2)

(単位mg)

  M1クラス M2クラス
2000kg - 38,000
500kg以上~2000kg未満 - 80,000
100kg以上~500kg未満 6,500 24,500
20kg以上~100kg未満 1,400 4,500
5kg以上~20kg未満 86 950
1kg以上~5kg未満 24 245
200g以上~1kg未満 4.7 53
50g以上~200g未満 1.0 13
1g以上~50g未満 0.52 9

※1tを越えるものはM2クラス以下となる。

校正室

校正範囲は1mgより国内最高の2tまでの校正ができます。

第一校正室

校正範囲:1mg~20kg

環境条件

温度
16℃~25℃
湿度
35%~80%
大気圧
995hPa~1035hPa

第一校正室

第一校正室

第二校正室

校正範囲:20kg~2000kg

環境条件

温度
12℃~25℃
湿度
35%~80%
大気圧
995hPa~1035hPa

第二校正室

質量標準供給体系

JCSSについて

校正事業者登録制度(JCSS)とは

  • JCSSとは、Japan Calibration Service Systemの略称です。
    計量のトレーサビリティ確保の為に、平成5年11月より計量法に基づく校正事業者認定制度(平成17年より校正事業者登録制度に変更)として運営が始まりました。
  • この登録制度は、国際標準化機構及び国際電気標準会議が定めた校正機関に関する基準(ISO/IEC17025)の要求事項に適合していることが必要であり、事業所の品質システム、校正方法、不確かさの見積、設備などが校正を実施する上で適切であるかどうか、定められた通り品質システムが運営されているかを、書類審査・現地審査により審査し、登録する制度です。
  • JCSSに登録された校正事業者は、JCSS標章の入った校正証明書を発行することが出来ます。
    また、国際MRA対応の校正事業者は下記に示すような、国際MRAシンボルの入った校正証明書を発行することが出来ます。

ロゴマーク

当社は、認定基準としてJIS Q 17025(ISO/IEC17025)を用い、認定スキームをISO/IEC17011に従って運営されているJCSSの下で認定されています。
JCSSを運営している認定機関(IAJapan)は、アジア太平洋試験所認定協力機構(APLAC)及び国際試験所認定協力機構(ILAC)の相互承認に署名しています。
当社質量標準センターは、国際MRA対応JCSS認定事業者です。
0212は当センターの認定番号です。

関連リンク

お電話でのお問合わせはこちら 電話番号 087-845-1111 フォームからのお問合わせはこちら

このページの先頭へ