HOME製品一覧分銅 › 分銅の校正周期

分銅の校正周期

分銅の校正周期分銅は機械ではないから、整備は必要ないと思われていませんか?
分銅は、使用頻度・取扱い・材質・管理場所(環境)などによって、質量変化が起きています。下記にて基準分銅とJCSS分銅の校正周期について説明します。

基準器の校正周期

計量法によって定められている。精度等級では特級(F1クラス)だけが年数が規定されている。精度等級が1級以下の場合、受検分銅の材質によって年数が異なる。

特級(F1クラス):3年

1級(F2クラス)以下
鋳鉄以外(ステンレス、真鍮など):5年
鋳鉄:1年

JCSS分銅の校正周期

基準器と違い校正周期は強制されていない。分銅の所有者が校正周期を設定・管理する。

鋳鉄以外(ステンレス、真鍮など):3年を推奨
鋳鉄:1年を推奨

お電話でのお問合わせはこちら 電話番号 087-845-1111 フォームからのお問合わせはこちら

このページの先頭へ