ギリギリセーフ?! ~トレーラー横転を防ぐために~ | ブログ | 鎌長製衡株式会社

TEL

お問い合わせ

ブログ

ギリギリセーフ?! ~トレーラー横転を防ぐために~

大型トラック

「ギリギリセーフ」。日常生活で、時々使う言葉ですが、幸運だった時に使うことが多いですね。先日見たこちらのニュース、これは「ギリギリセーフ」でしょうか。「ギリギリアウト」でしょうか。

 

6月29日朝、兵庫県神戸市で発生した大型トレーラーの横転事故。積み荷は、液体の肥料30トン。

警察によると、大型トレーラーは、カーブを曲がりながらバランスを崩し横転。ガードレールを壊して歩道をふさぎました。あと少しで店舗に激突の危険がありましたが、約10センチ手前で停止したとのことです。この事故で、運転していた40代の男性が軽いけがをしましたが、他に巻き込まれた人はいないということです。

(参考)・NHK NEWS WEB(関西 NEWS WEB)6月29日https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20220629/2000062916.html

・Yahoo!JAPANニュース 6月29日https://news.yahoo.co.jp/articles/87462a65b6f81ba18ae43333bea3f1f8f166621c

 

実はこのようなトラックやトレーラーの横転事故。速度やドライバーの体調や注意力が起因していることももちろんありますが、積み荷の重心位置が原因となるケースも多いそうです。それに関して、事故を抑止できる対策がございます。それは弊社 鎌長製衡㈱の主力製品「トラックスケール」です。

 

弊社のトラックスケールと重量指示計「K―400D」。これをご使用いただくことで、トラックやトレーラーの車両総重量・積載量を計量できるだけでなく、軸重量・輪重量の計測によって、偏荷重もご確認いただけます。実際、弊社のトラックスケールは、高速道路や国道に過積載防止のために設置され、トラックや大型トレーラーの計量に用いられています。

 

重量指示計「K―400D」はタッチパネル式の指示計。入力と各項目のボタンが分かりやすくなっています。必要な情報が見やすく、ユーザーにとって使いやすいデザイン性を追求しました。さらに、集計等のデータ処理等にも対応できる高い機能性を備えていますし、専用設計と専用OSの採用により、長期間安心してお使いいただけます。

 

交通事故は、関係者誰もが迷惑をこうむり、面倒なことになります。大型トラックやトレーラーにおいて、このようなリスクを回避するためにも、弊社のトラックスケールや関連システムがお役に立てることがあります。

暑さも厳しい今日この頃。日本の物流を支えてくださっているドライバーさんの安全・安心を、鎌長製衡㈱もサポートいたします。お気軽にお問合せくださいね。

CONTACT

弊社製品に関するご質問やお問い合わせ、
資料請求について、以下の方法をご利用ください。