石膏ボード分別機(GCシリーズ) | リサイクル機器 | 鎌長製衡株式会社

TEL

お問い合わせ

石膏ボード分別機(GCシリーズ)

独自の研究開発にて、より高精度な選別・処理が全自動にて可能に。
廃石膏ボードから、効率よく石膏粉と紙を分別提供します。

石膏ボード分別機

画期的リサイクル推進機、誕生!

新開発のリターンシステムを採用し、石膏粉と紙の混合物を排出量1%未満の最小限にとどめることに成功。さらに、新たにパドル高速回転方式を採用することで、紙に付着している石膏粉の量を従来機と比較し約60%削減することができるなど、従来機を大きく上回る高性能となっております。

 

【特徴】

  • 混合物の排出量1%未満
  • 紙への石膏粉の付着率約60%減(従来機比)
  • 付着水分の高い石膏ボードにも強い
  • 高精度の磁力選別機を搭載し、異物による機械損傷のリスク低減
  • 設置面積がコンパクト

 

 

注意1:本機は石膏ボード専用機です。石膏ボード以外のものは投入しないでください。

注意2:水分率の高い石膏ボードの投入は、分別性能の低下、トラブルにつながりますので、乾燥させた後、投入するようにしてください。

注意3:本機は、屋内に設置してください。石膏ボードの保管も屋内としてください。

【鎌長製衡】石膏ボード分別機

豊富な納入実績

石膏ボード分別機「GCシリーズ」は、これまで全国に豊富な納入実績があります。
また導入後もメンテナンス技術を習得したサービスエンジニアを全国の特約販売店・サービス店に配置しておりますので万全の体制でサポートします。

簡単操作で安全作業

ワンボタンで全自動作業

スタートボタン一つで運転開始、あとは自動運転です。停止もワンボタンでOK!

明確な運転状態表示

回転灯と制御盤表面の表示灯が、機械の状態を明確にお知らせします。 万が一トラブルが発生した場合も、表示灯が点滅し、トラブル箇所をお知らせします。

【鎌長製衡】石膏ボード分別機 制御盤

強力磁力選別機

搬送コンベヤ先端に装備した、強力磁力選別機(磁力選別表面1750ガウス)が、搬入前に除去できなかった鉄屑を拾い出します。 (投入前の手選別で非鉄金属、ゴム・繊維類の除去は、必ず行ってください。)

【鎌長製衡】石膏ボード分別機(GCシリーズ) 強力磁力選別機

定量供給制御

原料が定量で供給されますので、重機でホッパーに投入するだけで、一定の処理速度で運転されます。

【鎌長製衡】石膏ボード分別機(GCシリーズ) 定量供給制御

快適作業

快適な作業環境を守る 集塵設計

投入口、搬送経路接続口、排出口を大型集塵機で集塵し、快適な作業環境を作ります。

【鎌長製衡】石膏ボード分別機(GCシリーズ) 集塵設計

高性能選別機

紙のリサイクルを目指す

新採用の高速回転選別機が、廃石膏紙の付着粉を極限まで除去します。

【鎌長製衡】石膏ボード分別機(GCシリーズ) 高性能選別

振動フルイ

リサイクルに適した粒度管理

生産された石膏粒は、振動フルイで約3mm以下に粒度管理されますので、リサイクルに適しています。

【鎌長製衡】石膏ボード分別機(GCシリーズ) 振動フルイ

分離性能

新機構リターンシステム

新機能のリターンシステム(特許申請中)が石膏と紙の高い分離率を実現します。(弊社試験実験では残渣1%以下)

【鎌長製衡】石膏ボード分別機(GCシリーズ) 新機構リターンシステム

主仕様

  GC-060HF GC-150HF GC-200HF GC-350HF GC-500HF GC-1000HF
処理対象物 石膏ボード(乾燥状態)
処理能力(kg/h) 600 1,500 2,000 3,500 5,000 10,000
ホッパー投入口 寸法(mm) 900× 1,000 1,500× 1,200 2,000× 2,000 2,000× 2,000 2,700× 2,200 3,000× 2,200
装置寸法(m) 約 W2.7× L13.5× H3.5 約 W4.1× L12.0× H6.0 約 W6.0× L12.5× H6.5 約 W6.0× L12.5× H6.7 約 W7.0× L15.0× H7.5 約 W15.0× L17.0× H9.5
使用動力(kW) 約27 約35 約45 約55 約70 約145
使用電源 3相200V、400V
安全装置 非常停止装置、集塵機
掌握外事項 一次電気配線工事、土木・基礎工事

 

※投入口寸法・装置寸法は裾付け場所等の状況により変更可能です。商談時にご相談ください。

外形図

GC-200HF

【鎌長製衡】GC-200HF 外形図

処理フロー

【鎌長製衡】GC-200HF 処理フロー

お客様の声

鎌長製衡の製品を導入いただいたE社様よりお喜びの声をいただきました。

【鎌長製衡】お客様の声1

住まいに欠かせない石膏ボードをリサイクルする。

弊社はリサイクルに関わる仕事をしており、事業のひとつに石膏ボードの中間処理があります。石膏ボードは、住宅や集合住宅などの防火・遮音材としてなくてはならない存在で、壁面の中に入れて使用されています。石膏を固めて特殊な紙で包んでいるのですが、リサイクルの際には石膏成分と紙を分けなくてはいけません。その装置として、鎌長製衡さんの石膏ボード分別機を導入しています。

親切な対応力にほれ込んで導入を決定。

以前は他社製の分別機を使用していましたが、不具合が発生した時に、鎌長製衡さんにメンテナンスしてもらったんです。その際に丁寧かつ親切に対応していただき、会社と社員の方々に対する強い信頼感が生まれました。ですから、新しく分別機を導入する際には「鎌長製衡さんなら間違いないだろう」と考えました。それから6年が経過しましたが、とても満足しています。

【鎌長製衡】お客様の声2

石膏粉

【鎌長製衡】お客様の声3

分別後の紙

これがないと困る!というほど、性能に大満足。

導入した石膏ボード分別機の精度、耐久性、メンテナンスすべてに満足しています。以前のものより分別スピードが約2倍に向上したのに、分別後の石膏粉に紙が混ざっていません。純度が高く、均一した粒度の石膏粉ができています。6年間使用していますが、ベルトコンベヤのたるみ以外の故障がなく、清掃などのメンテナンスもやりやすい。弊社にとっては「これがないと困る」というほど頼もしい存在です。

石膏乾燥再生装置

更に再生利用促進に

廃石膏の乾燥に使われている乾燥キルンには、付着水や過剰な加熱が原因で半水石膏の生成率を下げてしまうという問題がありました。こうした問題の解決策として、より乾燥効率の良い半水石膏生成装置が誕生しました。

【鎌長製衡】石膏乾燥再生装置

鎌長製衡独自開発の熱効率技術と石膏粉攪拌羽根により、高い半水石膏生成率を実現

半水石膏の最大の特徴は固化機能です。 水と反応すると再び二水石膏に戻り、固まります。この「固化機能」と「中性」という特徴を生かし、建設汚泥中性固化材(石膏系固化材)等のリサイクル用途が期待されています。

【鎌長製衡】石膏乾燥再生装置 仕組み
【鎌長製衡】石膏乾燥再生装置 処理フロー

主仕様

処理能力 標準処理能力1.0t/h[生産量]
(付着水10%、製品の半水比率100%)     
乾燥方法 ロータリキルンによる熱風乾燥式
搬送方法 空気輸送式
集塵方法 バグフィルタ式
制御 自動温度調整
安全装置 緊急停止装置
消費電力 約29kW
使用電源 3相 200V
燃料消費量 A重油 最大40L/h
燃料タンク タンク容量 200L

CONTACT

弊社製品に関するご質問やお問い合わせ、
資料請求について、以下の方法をご利用ください。